top
いらっしゃいませ、水周り資材のお店です。 全国にお届け致します。
業務用資材を一般のユーザー様へお届けいたします。
業者様、官公庁、学校・大学からのご注文も柔軟に対応いたします。
見積書、請求書、領収書などの発行も承ります。
担当者直通
080-8215-3733
ピーワンショップ
メールp1@emv.jp

FAX050-3737-1804
当店サイト内の商品検索ができます。⇒
ホーム
当店概要
ご注文方法
お支払いについて
送料について
お問い合わせ
お支払いは銀行前振込みか、代金引換サービス(手数料¥430)でお願いします。
1回のご注文金額が税込み¥15,000以上の場合、送料無料にてお届けします。
ただし、沖縄県や離島の一部への配送は送料¥2,000お願いします。
ご注文金額税込み¥15,000以下の場合は通常送料¥750(沖縄・一部離島別途実費)
faxでご注文の方はこちらのリンクから注文用紙を印刷してご利用下さい FAX注文用紙

CORONA-株式会社コロナ- FF式石油暖房機 アグレシオ
FF-AG68HF
用補修部品のご案内

当店はメーカー純正部品をご提供しております。
こちらで見付からない部品や価格の分からない部品等に関しましては、お気軽にお問い合せ下さい。
尚、場合によっては供給できない部品もございます。予め、ご了承下さい。

FF-AG68HF
FF式石油暖房機
AgRatio(アグレシオ)

1.補修部品一覧表 5.部品交換に関して
2.各部の名称 6.点検・手入れに関して
3.仕様 7.関連商品
4.据付け・移設に関して
メーカーサイトリンク メーカー情報
こちらの商品は取り寄せ商品です。納期かかります。ご了承願います。

CORONA FF式石油暖房機
アグレシオ FF-AG68HF 補修部品一覧表

拡大図面
はこちらを
クリック
図番 部品名 図番 部品名 図番 部品名 図番 部品名
98   後板中 108   対流用モータ 118 クリアカバー 128 給気口キャップ
99 メスオスエルボ 109 対流用モータ固定板 119 化粧板上 129 ストッパーリング
100 排気エルボ取付金具 110 対流用モータ押え板 120 化粧板下 130 エルボカバー
101 排気エルボ固定板 111 フィルタレール 121 エンブレム 131 本体固定金具A
102 後板ふた 112 フィルタレール上 122 取扱説明書 132 本体固定金具B
103 左側板 113 ファンフィルタ 123 工事説明書 133 保証書
104 とって 114 ガラス化粧板 124 ウォールトップ給排気筒 134 Oリング
105 右側板 115 平面ガラス 125 ホースクランプ 135 耐熱スプレー
106 右側板ふた 116 前面ガード 126 給気ホース 136 銀粉
107 対流用羽根 117 前パネル 127 スリーブ外管
※△印の部品は、安全を維持するために必要な部品です。交換する場合は、安全のために必ず指定の部品をご使用下さい。













F
F
|
A
G
6
8
H
F


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 













F
F
|
A
G
6
8
H
F


 
 
 
 
 
コロナ AgRatio(アグレシオ) FF-AG68HF用部品
こちらの商品は取り寄せ商品です。納期かかります。ご了承願います。
仕様や価格は、メーカーの都合で予告なく変更する場合がございます。
値段の記載のない部品、他の機種等に関しましては、お気軽にお問い合せ下さい。出来る限りお探し致します。
また、場合によっては供給の出来ない部品もございます。予め、ご了承願います。
図番 部品名 商品コード 個数 備考 販売価格(税込) 注文
98 後板中 1
99 メスオスエルボ 1 別売品F-23R
100 排気エルボ取付金具 1
101 排気エルボ固定板 1
102 後板ふた 1
103 左側板 1
104 とって 99050317018 1 ¥57
105 右側板 1
106 右側板ふた 1
107 対流用羽根 99030523005 1 ¥2,133
108 対流用モータ 99050317017 1 ¥4,148
109 対流用モータ固定板 1
110 対流用モータ押え板 1
111 フィルタレール 1
112 フィルタレール上 1
113 ファンフィルタ 99030225038 1 ¥2,726
114 ガラス化粧板 99050317022 1 ¥2,693
115 平面ガラス 99050317023 1 ¥2,154
116 前面ガード 99050317024 1 ¥4,148
117 前パネル 1
※展開図に戻る※
こちらの商品は取り寄せ商品です。納期かかります。ご了承願います。
仕様や価格は、メーカーの都合で予告なく変更する場合がございます。
値段の記載のない部品、他の機種等に関しましては、お気軽にお問い合せ下さい。出来る限りお探し致します。
また、場合によっては供給の出来ない部品もございます。予め、ご了承願います。
図番 部品名 商品コード 個数 備考 販売価格(税込) 注文
118 クリアカバー 1
119 化粧板上 1
120 化粧板下 1
121 エンブレム 99050120030 1 ¥125
122 取扱説明書 99050317040 1 ¥374
123 工事説明書 99050317041 1 ¥125
124 ウォールトップ給排気筒 99050317025 1 ¥8,295
125 ホースクランプ 99030178002 1 ¥57
126 給気ホース 99050317026 1 ¥851
127 スリーブ外管 99050162000 1 ¥498
128 給気口キャップ 99030178003 1 ¥125
129 ストッパーリング 1 別売品F-64R
130 エルボカバー 99050152010 1 ¥624
131 本体固定金具A 99050146036 1 ¥556
132 本体固定金具B 99050317039 1 ¥113
133 保証書 99030230002 1 ¥34
134 Oリング 99550240003 1 ¥249
135 耐熱スプレー 99050317036 1 ¥2,041
136 銀粉 99050317037 1
※展開図に戻る※
こちらの商品は取り寄せ商品です。納期かかります。ご了承願います。
仕様や価格は、メーカーの都合で予告なく変更する場合がございます。
値段の記載のない部品、他の機種等に関しましては、お気軽にお問い合せ下さい。出来る限りお探し致します。
また、場合によっては供給の出来ない部品もございます。予め、ご了承願います。
ピーワンショップ問合せ先
お問い合わせ・ご用命はメールかFAXにて承ります。
記載にない商品を探している方、商品の使い方や修理方法、接続方法が聞きたいなど
何でもかまいません。お気軽にお問い合わせください。

メールp1@emv.jp

FAX 050-3737-1804
 印刷してご使用いただけるFAX注文書はコチラ
お急ぎの場合は電話でも対応いたします。(夜は24時くらいまで)
担当者直通080-8215-3733
↑ページの一番上に戻る↑

ロナ FF式石油暖房機 アグレシオ FF-AG68HF 各部の名称

↑ページの一番上に戻る↑

ロナ FF式石油暖房機 アグレシオ FF-AG68HF 仕様

型式の呼び FF-AG68HF
種類 気化式・室内用・強制給排気形・強制対流形
点火方式 電気点火式
使用燃料 灯油(JIS1号灯油)
燃焼状態 最大 最小
燃焼消費量 0.760L/h 0.200L/h
発熱量 28,150KJ/h 7,410KJ/h
熱効率 87.0% 87.5%
暖房出力 6.78kW 1.80kW
標準適室 温暖地 木造29.5m2(18畳)まで、コンクリート39.5m2(24畳)まで
寒冷地 木造29.5m2(18畳)まで、コンクリート46.0m2(28畳)まで
外形寸法 高さ548mm 幅802mm 奥行284mm(下皿含む)
質量 25kg
電源電圧及び周波数 100V 50/60Hz
定格消費電力 最大消費電力(点火時) 860/860W
燃焼時消費電力 31/34W
給排気筒の型式の呼び QU4-8B
給排気筒の呼び径 D40
給排気筒の壁貫通部の孔径 φ75mm
排気温度 260℃以下
電源ヒューズ 5A・15A
安全装置 対震自動消火装置・点火安全装置・燃焼制御装置
停電安全装置・過熱防止装置
その他の装置 過電流防止装置・排気管抜け検知装置
異常温度検知装置・燃焼用送風機異常検出装置
対流用送風機異常検出装置
付属品 給排気筒セット1組・スリーブ1個・給気ホース1個
前面ガード1個・本体固定金具A、B 各1個
ゴム製送油管締付バンド2個
※標準適室は、社団法人・日本ガス石油機器工業会の算定基準によります。
↑ページの一番上に戻る↑

ロナ FF式石油暖房機 アグレシオ 
FF-AG68HF 据付け・移設に関して

■据付け・移設工事は業者に依頼する
据付けや移設工事は業者に依頼し、お客様自身では行わないで下さい。
■据付け場所の選定及び標準据付け例
据付けについては、火災予防条例、電気設備に関する技術基準など法令の基準があります。
据付業者とご相談下さい。「標準据付け例」については、下図をご参照下さい。
■標準据付け例
ストーブの据付けは下図を満足させる位置に取り付けて下さい。
●テレビやラジオから1m以上離して下さい。
●点検・手入れのためストーブ左右の離隔距離は、20cm以上にして下さい。
●熱に弱いカーペットや床の上で長時間使用すると、変色したり、そり返ることがあります。
●側方障害物は、両側にあっても良いですが給排気筒と傷害物、可燃物との距離は45cm以上とって下さい。
●前方に塀や障害物がある場合は給排気筒先端と前方障害物との距離は60cm以上離し、かつ上方及び両側に気流を阻止する
 障害物がないようにして下さい。
●給排気筒下面は地面から20cm以上離すようにして下さい。
 尚、積雪地域では給排気筒先端が雪でふさがる恐れのない高さを確保して下さい。
●木造の建物で壁にメタル張り、ワイヤラス張り、または金属張りをしてある場所に給排気筒を通す時は、それらの金属部に
 接しないよう電気的絶縁をして下さい。
●壁に穴をあける場合、壁の内部にある電気配線・ガス・水道の配管に当たらない場所を選んで下さい。
※マントルピース…暖炉の炉の上部・側面を囲むかたちで壁面に設けられる飾枠。
■給排気筒を延長する場合の注意
●給排気筒を延長する場合は、3m3曲がり以下で取り付けられる場所を選定して下さい。
●標高1300m〜1500mで使用する場合は、1.5m3曲がり以下で取り付けられる場所を選定して下さい。
■積雪地区における注意
●積雪の多い地方では、積雪時に給排気筒が雪でふさがれないような取付場所を選定して下さい。
 また、風がよどむような場所では、排ガスを再度吸い込んで異常燃焼を起こすことがあります。
↑ページの一番上に戻る↑

ロナ FF式石油暖房機 アグレシオ 
FF-AG68HF 部品交換に関して

コロナ純正部品をお使い下さい。
純正品以外をお使いの場合、本体の機能が損なわれたり、事故や故障の原因となります。
また、保証期間内であっても本体の保証が受けられません。
■部品交換のとき
不完全な修理、調整は危険ですので、部品の交換、調整が必要な場合はコロナサービスセンターもしくは、
修理資格者のいる販売店のご相談下さい。
■消耗・劣化しやすい部品 (交換が必要な部品)
項目 内容
使用期間により交換が必要な部品 点火プラグ・フレームロッド・
パッキン類およびOリング(メンテナンス時分解した場合は必ず交換が必要です。)
環境により劣化しやすい部品 給排気筒系部品・各種制御基板・燃焼用送風機・
ゴム製送油管・対流用送風機
変質・不純灯油の使用により劣化しやすい部品 フレームロッド・気化器・電磁ポンプ・定油面器
↑ページの一番上に戻る↑

ロナ FF式石油暖房機 アグレシオ 
FF-AG68HF 点検・手入れの必要項目、時期、方法に関して

周囲の可燃物→使用ごと
ほこり・汚れ→使用ごと
油漏れ・油のたまり・油のにじみ→使用ごと
 ・置台・油タンクに油漏れ・油たまりや油のにじみがないか、ときどき点検して下さい。
  また、給油の際にこぼれた灯油はよく拭き取って下さい。
ゴム製送油管の点検・交換のめやす→シーズンの初め
 【注意】ゴム製送油管は、屋外で使用しないで下さい。屋外での使用は禁止されています。
     屋内でゴム製送油管を使用しているときは、膨潤、収縮、変質、変形、ひび割れや亀裂がないか確認し、
     あった場合は交換して下さい。
     ゴム製送油管は時間と共に劣化しますので、ひび割れや亀裂がない場合でも3年に1度は
     新しいものに交換されることをお奨めします。
油タンク→シーズンの初め、適時
 ・タンク内に水やゴミがたまっていないか点検して下さい。
給排気筒接続部のゆるみ及びトップ周囲→月に1回程度
・給排気筒および周囲に傷害物がないか、時々点検して下さい。
・給排気筒がつまりますと、不完全燃焼をおこします。
 シーズン初めには必ず点検し、くもが巣を作ったり
 異物が入ったりしている時は、必ず掃除して下さい。
・給排気筒および排気管の接続部が外れたり、
 排気管抜け検知用リード線が外れたり、
 断線していないか点検して下さい。
・給排気筒を一度取外して、給排気筒を再び取り付ける時、
 排気管の接続内部にはめこんであるOリングが破損していないか
 確かめて下さい。。
■定油面器のストレーナーの掃除と水抜き→適時 ※コロナサービスセンターに依頼して下さい。
 ●定油面器には、ゴミを除くためのストレーナーが付いています。
 ゴミがたまると灯油の流れを妨げて、不着火や途中消火の原因となります。次のように掃除して下さい。
@油タンクの送油バルブを閉じて下さい。
A右側板ふたを固定しているねじを1本外し、ふたを開けます。
Bストレーナの掃除口にハガキなどの厚紙を差し込んで、
 油ガイドを作り、その下に容器を置いてストレーナの
 止めねじを緩めて外して下さい。
 定油面器の汚れた灯油やごみが全部流れ出ます。
Cストレーナを取り出して、きれいな灯油の中ですすぎ洗いを
 して下さい。(水で洗わないで下さい。)

組み立てるときは…
・ストレーナゴムパッキンを忘れぬようにして下さい。
・ストレーナを逆に入れないで下さい。
 また、底部(黒色)が必ず左横になるように取り付けて下さい。
・ストレーナの止めねじを固く締め付けて下さい。
・油漏れがないか確認して下さい。
●灯油に水が混入すると定油面器内まで水が入ることがあります。
 この場合、内部の部品が腐食する原因になります。適時次の要領で水抜きを行って下さい。
@油タンクの送油バルブを閉じて、ストレーナの掃除と同様に
 ストレーナの掃除口にハガキなどの厚紙を差し込んで
 ガイドを作り、その下に容器を置いて下さい。
Aドレンネジを緩めて、水が混入した灯油を全部抜いて下さい。
 (ドレンネジに付いているOリングを失くさないよう注意)
B組み立てはドレンネジ・Oリングを傷つけないように注意して、
 元通りに固く締め付けて、油漏れがないことを確認。
 (Oリングがきちんと取り付けられていないと油漏れなどの
 原因になります)

・定油面器の水抜きは、油タンクの点検を行っても異常がなく、
 ”E1””E2”が頻繁に出る場合のみに行って下さい。
 正常に燃焼している場合は点検する必要はありません。
対流用送風機のフィルタの掃除→週に1回以上
 フィルタがごみやほこりで目詰まりすると、送風力が弱くなり排気温度上昇やストーブの表面温度が上昇する
 原因になります。(過熱防止装置または表示サーミスタの働きで運転が停止する場合があります。)
 運転を停止してから、次の要領でストーブ裏面のフィルタの掃除を行って下さい。
@左図のようにフィルタを上に引き出し、
 ストーブ裏面から取り外して下さい。

Aフィルタに付着したほこりを掃除機で吸い取って下さい。

B掃除が終わったら元通りに取り付けて下さい。

【注意】フィルタを外したまま運転しないで下さい。
    カーテンなどを巻き込み火災になる恐れがあります。
地震などの災害が発生した時の点検について
 ●地震などの災害が発生し、ストーブに振動や衝撃が加わった時は、運転前に必ず次の点検を行って下さい。
  ・給排気筒まわりの外れ、漏れの確認  ・灯油配管からの漏れ確認
 異常が見付かった場合は、コロナサービスセンターに修理を依頼して下さい。
↑ページの一番上に戻る↑
その他 コロナ関連商品
コロナ石油暖房機部品
給排気筒・延長部材等
コロナFF壁延長
詳しくご説明
コロナFF壁延長
FF-SGシリーズ
FF-VGシリーズ
RF等の機種用
厚壁用スリープ
スペースネオ床暖
UH-FSG7016K
コロナ 補修部品
コロナ ストーブ部品
UH-FGX70K3
ウォールヒート
↑ページの一番上に戻る↑
メーカー情報
メーカー名 株式会社 コロナ
メーカーホームページ https://www.corona.co.jp/
本社住所 〒955-8510新潟県三条市東新保7番7号
電話番号 本社TEL0256-32-2111(大代表)
各営業所お問い合わせ先一覧  https://www.corona.co.jp/support/shop/index.html
販売店情報
販売店名 ピーワンショップ
当店ホームページ http://emv.jp/
メール p1@emv.jp
電話番号 080-8215-3733(担当者直通)
FAX番号 050-3737-1804
↑ページの一番上に戻る↑
ピーワンショップ問合せ先
お問い合わせ・ご用命はメールかFAXにて承ります。
記載にない商品を探している方、商品の使い方や修理方法、接続方法が聞きたいなど
何でもかまいません。お気軽にお問い合わせください。

メールp1@emv.jp

FAX 050-3737-1804
 印刷してご使用いただけるFAX注文書はコチラ
お急ぎの場合は電話でも対応いたします。(夜は24時くらいまで)
担当者直通080-8215-3733
当店への問い合わせはこちらからどうぞ!
記載にない商品を探している方、商品の使い方や修理方法、接続方法が聞きたいなど
何でもかまいません。お気軽にお問い合わせください。


各種ネジタイプ対応表 説明
おすネジ
テーパー
R
平行
G
給水栓
Pj
めすネジ テーパーRc ×
平行G ×
テーパーオス用平行めすネジRp ×
◎:接続良好
○:接続可能
×:接続不可
配送可能地域
沖縄県 九州 四国 中国 関西 中部 北陸 信越 関東 東北 北海道
沖縄県 福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
富山県
石川県
福井県
新潟県
長野県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
山梨県
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
北海道